Blog&column
ブログ・コラム

2級管工事施工管理技士について。安全管理とは?

query_builder 2021/03/01
コラム
vent-fireplaces-metal-ventilation-ducts
管工事施工管理技士とは、いったいどんな資格なのでしょうか?

今回は2級管工事施工管理技士取得方法や、安全管理などについて見ていきます。

施工管理技士の資格を持っていると昇給にもつながるので、ぜひ参考にしてみてください。

▼管工事施工管理技士とは
「管工事施工管理技士」とは、空調など管工事の施工や安全管理、品質管理などに関わる技術者のことです。

管工事施工管理技士になるには資格の取得が欠かせません。

2級では学科試験と実地試験が同じ日に行われ、学科試験で合格すると実地試験も採点される、という仕組みです。

▼安全管理とは
2級管工事施工管理技士の施工経験記述で出題される課題は、主に「工程管理」「品質管理」「安全管理」の3つ。

安全管理を簡単に言うと、現場の作業員たちが事故に巻き込まれないように配慮することです。

安全管理の施工経験記述では、次の2つの内容が重視されます。

・作業に内在する危険を確認する
・危険を回避させる措置及び対策をとる

▼管工事施工管理技士の取得方法
管工事施工管理技士の資格を取得するには、全国建築研修センターにより行われる試験に合格する必要があります。

実務経験も必要なので、配管工事会社などに就職してから資格の取得を目指すのが一般的です。

▼まとめ
管工事施工管理技士には1級と2級がありますが、基本的な仕事内容に違いはありません。管理する工事現場の規模が違う、と覚えましょう。

大分でエアコンなどの施工に興味がある方は、株式会社サンエイシステムまで、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 【大分 株式会社サンエイシステム】大分市内で正社員として働きませんか?未経験歓迎!

    query_builder 2020/11/25
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/11/18
  • ブログをを発信していきます

    query_builder 2020/11/18
  • 技術職と技能士の違い

    query_builder 2021/09/15
  • 技術職の種類とは

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE