Blog&column
ブログ・コラム

管工事施工管理技士の難易度は?

query_builder 2021/03/08
コラム
architectural-design-architecture-building-construction
この記事では、管工事施工管理技士の難易度や受験資格について見ていきます。

▼管工事施工管理技士とは
管工事施工管理技士は、一般的にはエアコンの設置や下水道の配管工事など、管工事の仕事に携わります。

1級を取得していれば、専任技術者や監理技術者になれます。例えば特定建設業である企業の営業所等には、専任技術者が在籍している必要があります。

管工事施工管理技士の資格を持っていれば、昇進や昇給にも良い影響があるでしょう。

▼管工事施工管理技士の難易度
管工事施工管理技士の合格率(2019年)は以下のとおりです。

1級学科…52.1%
1級実地…52.7%
2級学科…69.3%
2級実地…44.1%

難易度は高くはありません。きちんと勉強していれば受かる試験です。2級は少し易しめですね。

試験対策をしていれば、一発合格も狙えるでしょう。

▼管工事施工管理技士の受験料
管工事施工管理技士の受験料は次の通り。

1級(学科・実地共に)…8,500円
2級(学科・実地共に)…4,250円

▼管工事施工管理技士の受験資格
ここでは管工事施工管理技士の受験資格について見ていきます。

■1級の受験資格
1級の受験資格は下記のとおり。

・大卒で3年以上の実務経験がある
・短大卒で5年以上の実務経験がある
高卒で3年以上の実務経験がある
・その他の者で15年以上の実務経験がある
・2級を持つ場合、合格後5年以上の実務経験がある

■2級の受験資格
2級を受験するには、下記の基準を満たしている必要があります。

・大卒で1年以上の実務経験がある
・短大卒で2年以上の実務経験がある
高卒で3年以上の実務経験がある
・その他の者で8年以上の実務経験がある

▼まとめ
管工事施工管理技士は、きちんと勉強すれば問題なく合格できます。
実務経験は必要ですが、興味のあるかたはぜひ挑戦してみましょう。

大分にある株式会社サンエイシステムでは随時、職人募集しています。
「実務経験を積みたい」「新たな仕事に挑戦したい」という方は、ぜひご応募ください。

NEW

  • 【大分 株式会社サンエイシステム】大分市内で正社員として働きませんか?未経験歓迎!

    query_builder 2020/11/25
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/11/18
  • ブログをを発信していきます

    query_builder 2020/11/18
  • 技術職と技能士の違い

    query_builder 2021/09/15
  • 技術職の種類とは

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE