Blog&column
ブログ・コラム

ダクト工事の注意点について

query_builder 2021/04/08
コラム
drainage-pipes-2471293_960_720
ダクト工事をする際は、どんなことを注意して行えば良いのでしょうか?

▼ダクト工事の注意点
さっそくダクト工事の注意点を、1つずつ見ていきたいと思います。

■事前に施工図を確認しておく
基本的にはダクトよりも配管が優先されます。

まずは他の設備と干渉しないか施工図をチェックしましょう。

■ダクトの勾配にも気を配る
湿気などによりダクト内部に水が貯まる恐れがあります。

こういった事態を避けるためには、ダクトに勾配をつける必要があります。

ただし勾配の具合いを誤ると、ダクトから設備機器へと水が侵入し、漏電の危険もあるので注意が必要です。

■吊りボルトとの干渉は避ける
ダクト内部を通る風によりダクトが振動し、吊りボルトとの干渉で「コツ、コツ」と音が発生する可能性があります。

万が一ダクトと吊りボルトが干渉していた場合は、クッションなどを取り付ける必要があるでしょう。

■必要以上にダクトが曲がっていないかどうか
ダクトが必要以上に曲がっていると、内部になかなか風が通らないので、注意が必要です。

■きちんと養生しているかどうか
ダクトを設置し終わり試運転をすると、ダクト内部のほこりが吹き出します。

これが原因で建物内が汚れ、クレームが入ることがあります。

試運転の前に、ほこり対策はしっかりと行いましょう。

▼まとめ
ダクト工事ではさまざまな注意点があります。

「ダクト工事を依頼したい」というかたは、ぜひ株式会社サンエイシステムまでご連絡ください。経験や実績が豊富なスタッフが設置を行ないます。

また「ダクト工事の経験を積みたい」「管工事の仕事を探している」という方も、ぜひご応募ください。

NEW

  • 【大分 株式会社サンエイシステム】大分市内で正社員として働きませんか?未経験歓迎!

    query_builder 2020/11/25
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/11/18
  • ブログをを発信していきます

    query_builder 2020/11/18
  • 技術職と技能士の違い

    query_builder 2021/09/15
  • 技術職の種類とは

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE